山田家の人形焼

山田家のこだわり

生地へのこだわり

奥久慈卵と蜂蜜がおいしさの秘密です。

い香りとしっとりとした舌ざわりが特徴的な薄手の生地には、清流久慈川の近くで育つ奥久慈卵と良質な蜂蜜を使用。毎朝、店頭でていねいに、職人さんがふっくらと焼き上げます。卵かけごはん専用とも言われるほどの高級なブランド卵を使用するのは、卵問屋から始まった山田家ならではのこだわりです。

餡へのこだわり

国産小豆と極上ザラメ、水はアルカリイオン水。

ずみずしくて口溶けがよく、ちょっぴり甘さ控えめのコシ餡は、しっとりとした生地との相性も抜群。素材には大吟醸のように削った北海道産小豆と極上のザラメを使い、アルカリイオン水で炊くことで、上品な甘さを引き立たせています。淡い紫色は上質の証拠。ひと口食べれば違いがわかる自慢のコシ餡です。

包装紙へのこだわり

下町風情あふれる、「本所七不思議」の包装紙。

装紙に描かれるのは、漫画家で江戸文化研究家の宮尾しげを氏の筆による、江戸の伝承話「本所七不思議」。「七不思議」のひとつに、たぬきが主役の錦糸町を舞台にした「おいてけぼり」というお話があり、それがタヌキ型の人形焼の由来になっています。また、直木賞作家の宮部みゆきさんは、山田家の包装紙に描かれる物語をヒントに「本所深川ふしぎ草紙」を書き上げ、吉川英治文学新人賞を受賞されました。

店頭商品

下町風情あふれる、「本所七不思議」の包装紙。

  • 狸(餡入り)
  • 三笠(餡入り)
  • 太鼓(餡入り)
  • 紅葉(餡なし)

頭では、詰め合わせ1,300円(13個)~ご贈答箱6,300円(64個)までご用意しております。 またお客様のご希望に合わせた詰め合わせ商品や、用途によって熨斗紙や名入れなども承っておりますので、ご来店の際には、お気軽に販売員にご相談下さい。 山田家の人形焼は保存料、添加物を一切使用していないため、賞味期限は製造日を含めて4日となっており、当日焼き上げたものを販売しております。焼き上がりは柔らかいため、商品を大きく揺らしたり縦にお持ちにならないようお気をつけ下さい。

店舗のご案内